【新!投資信託】プライムOne2020-05の内容と評判は?

新!投資信託】プライムOne2020-05の内容と評判は?

今回はゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2020-5(愛称:プライムOne2020-05)(以下:プライムOne2020-05)の内容と評判を簡単に解説したいと思います。

【概要】プライムOne2020-05の内容とは?

文字通りゴールドマン・サックス社債に投資する投資信託です。

社債に投資するので、ローリスク・ローリターンの金融商品になります。

販売用資料にも「リスクの高い資産へは投資したくない。でも少しでも増やしたい。」「お客さまの守りたいと増やしたいという2つのニーズに応えることをめざしたファンドです。」と記載されています。

ゴールドマン・サックスとは?

ゴールドマン・サックスとは世界大手の金融グループ。1869年に創業しニューヨークを本拠地としています。

金融市場への影響度区分は三菱UFJフィナンシャルグループと同じレベルの「2」。ちなみにひとつしたの「1」にはみずほや三井住友という顔ぶれ。

格付投資情報センターの信用格付けは「A」と上から3番目の高レベル。

プライムOne2020-05の特徴

組入銘柄の大半はゴールドマン・サックス社債

償還期限の10年後の元本確保を目指して運用。原則として組入銘柄の入れ替えは行わない模様。

年1回の決算時に分配を行う

ゴールドマン・サックス社債の利金収入からコストを差し引いた分配資源を分配する方針のよう。

【注目!】プライムOne2020-05の評判は?

申込単位は300万円以上、1口単位

もはや投資信託ではなく普通の債券レベル、、。これをわざわざ投資信託にして購入する人がいるのでしょうか?

人気は低い!

人気、、、というより申し込める人が限られる金融商品なので、どうしても人気は高くなりません。なんせ最低でも300万円は必要になるので。

【結論】普通に債券を購入したほうが良い!

個人的にはわざわざゴールドマン・サックス社債の投資信託を購入するより、日本の他の社債を購入したほうが良いと感じます。

なぜならお手軽なはずの投資信託がお手軽ではないから!

プライムOne2020-05は先述したとおり、最低でも300万円は必要になります。普通の社債でも100万円、、、。

投資信託のメリットは手軽に始めることができる料金のお手軽さ。そのメリットを無くしてまで、ゴールドマン・サックス社債を買おうとは思いません。あくまで個人的な意見ですが、、笑

300万円もあるなら自分が好きな会社もしくは気になる会社の社債を購入したほうが良いと感じました。

個人的には下記のウェルスナビに300万円全て投資したほうが良いとも思うくらいです笑

10万から自動で資産運用するならウェルスナビ!

  • 知識が無くてもロボアドバイザーが自動で運用!
  • リターンは13.1%~28.7%!
  • 自動で分散投資!
  • 個人に適した運用プランの提示!
  • 手数料は1%!
  • スマホ1台で完結!

証券マンの職を将来ウェルスナビに奪われるかも、、。ハイリターンではないもののローリスクで着実に資産を増やせることができますからね。資産運用したいけど知識や時間が無い方にはオススメ!