【IPO】アールプランナーの初値予想と評判は?

【IPO】アールプランナーの初値予想と評判は?

ご無沙汰しておりました。コロナショック以来の初投稿になります。今回は東証マザーズに上場予定のアールプランナーの初値予想と評判を簡単に解説したいと思います。

【概要】アールプランナーの募集内容は?

  • 市場:東証マザーズ
  • 銘柄コード:2983
  • 募集株式数:270,000株
  • 売出株式数(OA):130,000株(60,000株)
  • 申込単位:100株単位
  • 募集・売出価格:未定(2020年4月13日決定予定)
  • 抽選参加期間:2020年4月6日~4月10日
  • 購入申込期間:2020年4月14日~4月16日
  • 上場日:2020年4月22日
証券マン
証券マン

株式総数はそう多くないので、抽選は当たりにくいかと予想しますが、人気次第ですね。主幹事の野村さん次第的なところはあります。

アールプランナーの業績は?

重要な判断材料になるアールプランナーの業績を紹介したいと思います。(2019年1月期)※前期比

  • 売上高:約166億円 +約38億円
  • 経常利益:約6.8億円 +約0.9億円
  • 純利益:約4.2億円 -約0.2億円

売上高、経常利益は順調に右肩上がりの成績ですが、一番重要な純利益が前期比マイナス、、。少額のマイナスなので気にする程のことでもないかと思います。

証券マン
証券マン

売上高、経常利益は順調に伸びているので、純利益が成長する余地はまだあると思います。

【注目!】アールプランナーの初値予想は?

仮条件が未確定のため、詳細はわかりませんが、

想定価格は約1,600円

初値予想は約1,400円

証券マン
証券マン

IPOでは人気がない不動産事業ということ。コロナショックのことを踏まえると初値が想定価格を上回る可能性が低いと思います。

【気になる!】アールプランナーの評判は?

  • IPOでは不人気の不動産事業
  • いまだ続いているコロナショックの影響
  • 初値が想定価格を上回る可能性は低い

このことから人気はあまりないと感じます。

コロナショックの中、投資家の「買い」意欲はいまだに戻ってきていない状況をみると、初値が想定価格を上回る可能性は低く、

問い合わせが特別多いIPO案件ではありません。

【結論】「買い」は控えるべきIPO案件!

  • 初値が想定価格を上回る可能性が低い
  • 人気があまりないIPO案件
  • コロナショックの影響がいまだ大きい

このことからリスクをとってまで「買い」に走るIPO案件ではない

と思います。

ただコロナショックの影響で、通常経済時の金額よりは低く設定されていると思いますので、

割安株ではあります。

10万から自動で資産運用するならウェルスナビ!

  • 知識が無くてもロボアドバイザーが自動で運用してくれる!
  • リターンは13.1%~28.7%と優秀!
  • 自動で分散投資をしてくれる!
  • 個人に適した運用プランを提示してくれる!
  • 手数料は1%!
  • スマホ1台で完結するためお手軽に始めることができる!

証券マンの職を将来ウェルスナビに奪われるかも、、。ハイリターンではないもののローリスクで着実に資産を増やせることができますからね。資産運用したいけど知識や時間が無い方にはオススメ!