【CO2排出削減宣言!】マイクロソフトの株価と今後の見通しは?

【CO2排出削減宣言!】マイクロソフトの株価と今後の見通しは?

今回は創業以来のCO2排出量相当分のCO2削減をすると宣言したアメリカの世界的ソフトウェア企業であるマイクロソフトの株価と今後の見通しを簡単に解説したいと思います。

【重要!】マイクロソフトの現状と株価は?

2020年1月17日に創業以来のCO2排出量相当分のCO2を10年以内に実質的にマイナスすると宣言したマイクロソフト。時価増額は1兆2700億米ドルの世界トップクラスの企業。

2019年10月23日に発表した2020年第1四半期決算の内容は以下※前年同期比

  • 売上高:約331億米ドル +14%
  • 純利益:約107億米ドル +21%

好決算続き。すごいのは知っていましたが、証券マン目線でみても本当にすごい!笑

ここ5年の株価はずっと

上昇トレンド

を続けており、

現在の株価は167.10米ドル※1月19日時点

配当金も2009年度から

増配が続いている

超優秀株!業績が好調なんだから当たり前ですよね!

また、2019年12月13日にはXboxの次世代機であるXbox シリーズXを発表。2020年のホリデーシーズンに発売予定らしいです。まあ年末商戦に当ててくるでしょう。ちなみにソニーのPS5も2020年末に発売予定。2020年の年末商戦はにぎわいそうですね!

【注目!】マイクロソフトの株価の今後の見通しは?

マイクロソフトは

今後も上昇トレンド

が続き、

株価はどんどん上がっていくと思います。

上昇要因は以下

  • タブレット「surface」の売上が好調
  • クラウド事業「Office365」の売上が好調
  • CO2排出削減など地球環境への投資
  • XboxシリーズXの発売
  • 宇宙衛星を活用したビジネスの拡大 など

株価の上昇要因はキリがないほど出てきます。特にクラウド事業はSaaSへの移行が成功し、利益は拡大。Officeに依存しているユーザーはかなり多いですからね。

近々実現する要因から数年後、数十年後に実現する要因まで揃っていまます。さすがマイクロソフト。計画性と実現性が本当に高いと思います。

懸念されるのはセキュリティ面。フェイスブックも直面していますが、マイクロソフトも同様にならないことを祈ります笑

【結論】保有しているのは当たり前?!

投資家ならマイクロソフトの株を保有していて当たり前!と感じるくらい優秀な株だと思います。日本でいう「スマホ持ってないの?!」くらい!これは言い過ぎですが、、笑

この先も上昇トレンドで株価は上がり配当金も増配

保有しない理由がない!海外投資家(アメリカ人以外)の方は為替リスクが伴うので、為替で好待遇のタイミングで買えればベストですね!もしくは1日基準チャートのなかで底打ちしたタイミングを狙うのもありですね!

※ちなみにデイトレーダーなどの短期売買をされている方は別です。

悩んでる間でも株価はすこしずつ上昇しますので、早いうちに越したことはないと思います!

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券を選ぶ理由!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!
  • ネクシィーズ・トレード経由で口座開設をすると万が一の場合のサポートが付くので安心!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑