【割安な投資信託?】エマージング・セレクトの内容とは?

【割安な投資信託?】エマージング・セレクトの内容とは?

今回はニッセイアセットマネジメントが運用しているニッセイ/コムジェスト新興国成長株ファンド(資産成長型)(愛称:エマージング・セレクト)(以下:エマージング・セレクト)の内容を簡単に解説したいと思います。

【注目!】エマージング・セレクトの内容は?

「コムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンド(適格機関投資家限定)」および「ニッセイマネーマーケットマザーファンド」に投資を行う投資信託です。投資信託をひとつ挟んでるって感じです。ちなみにこれをファンド・オブ・ファンズ方式と言います。

そのコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドのテーマは、

ずばり新興国企業の中の質の高い企業に投資する投資信託です。

あれ?なんか似たような投資信託の記事を書いたぞ??下記にリンクを貼っておくので、良かったらのぞいてみてください。

【投資信託】未来の世界(新興国)の内容と実績は?
【気になる!】未来の世界(新興国)のテーマと内容は?運用実績はどうなの?気になる組入銘柄は?【結論】投資家の直感が問われる投資信託!を解説したブログ

未来の世界(新興国)は新興国の事業に関わる先進国企業も含まれていますが、エマージング・セレクトは新鉱区企業のみで構成されているということが異なる点です。

気になる組入銘柄は?

新興国企業のみで構成されている投資信託だけあって、気になるのが組入銘柄ですね。いくつか紹介していきたいと思います。(2019年11月末時点)

ピンアン・インシュアランス

組入比率は7.0%。中国の大手生命保険会社。中国国内約14%のマーケットシェアを誇る。

ネットイース

組入比率は4.8%。中国の大手オンラインゲーム運営会社。他にもフリーメールなどのサービスも提供している。中国国内のデスクトップオンラインゲームのシェアはトップ。

台湾セミコンダクター

組入比率は4.6%。台湾の大手半導体メーカー。約50%の世界マーケットシェアを誇る、世界的に有名な企業。投資家の人たちは必ず聞いたことがある企業だと思います。

サムスン電子

組入比率は4.2%。韓国の大手総合電機メーカー。日本ではスマホが有名だが、半導体メモリは世界でもトップシェア。

BBセグリダーデ・パルティチパソエス

組入比率は4.0%。ブラジルの大手生命保険会社。ブラジル銀行の販売チャネルを活用し、事業を拡大している。

その他

コグニザント・テクノロジー(インド)の組入比率が3.8%。AIAグループ(中国)の組入比率が3.5%。サンラム(南アフリカ)の組入比率が3.3%。パワー・グリッド・コーポレーション・オブ・インディア(インド)の組入比率が3.3%。インナ・モンゴル・イーリー・インダストリアル・グループ(中国)の組入比率が3.3%。

【重要!】エマージング・セレクトの運用実績は?

2017年10月16日に設定されたエマージング・セレクトの基準価格は10,000円から始まり、

現在の基準価格は9,314円

設定基準価格を下回る結果となっています。※2020年1月5日時点

ただ2018年12月31日に7,698円、2019年8月には7,970円まで下がっていたことを考えるとこの回復ぶりはすごいと思う。チャートでみると一応上昇トレンドですし。

ちなみ分配金は0円です。

【結論】買うなら今のうち!

未来の世界(新興国)もですが、新興国系の投資信託は一度下がってから徐々に上昇してくるのがお決まりになりつつあります。それを踏まえると、、

10,000円を下回っているうちに買った方が良い!

と個人的には思いました。新興国企業はこれから伸びてくるのは間違いないので、エマージング・セレクトの基準価格の上昇も期待できます!ただ新興国なので、政治動向には気をつけてください。

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券を選ぶ理由!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑