【オワコン?投資信託】ワールド・バリュー・アロケーションの内容とは?

【オワコン?投資信託】ワールド・バリュー・アロケーションの内容とは?

今回はアムンディ・ジャパンさんが設定・運用を行っている投資信託であるワールド・バリュー・アロケーションの内容を簡単に解説したいと思います。

【注目!】ワールド・バリュー・アロケーションのテーマは?

長期の優れた運用実績がある「ファースト・イーグル・グローバル・ファンド」と同じ運用手法の「ファースト・イーグル・アムンディ・インターナショナル・ファンド」に投資をするというもの。

ちなみにこのふたつの投資信託を運用しているのがファースト・イーグル社。そのファースト・イーグル社の特徴は以下。

  • 1803年設立(本社はニューヨーク)
  • 1979年以降2ケタのマイナスになった年は1回のみ
  • 鉄則1:損をしないこと
  • 鉄則2:鉄則1を決して忘れないこと←鉄則1だけでいいじゃんとツッコミたくなる気持ちわかります笑
  • バリュー投資を徹底する

簡単に言うと、割安株を買って損をしない運用をするってことですね。

ファースト・イーグル社が注目するポイントは?

  • 突出したブランド力 例:アメリカン・エキスプレス(アメリカ)
  • 独自のノウハウ 例:ファナック(日本)
  • スケールメリット 例:3M(アメリカ)
  • 囲い込み戦略ビジネスモデル 例:マイクロソフト(アメリカ)
  • エネルギー・貴金属 例:エクソンモービル(アメリカ)
  • 森林・採石場 例:ウェアハウザー(アメリカ)
  • 一等地の不動産 例:三菱地所(日本)

ふむふむ、つまり大手企業ってことかな?笑

【重要!】ワールド・バリュー・アロケーションの現状は?

ワールド・バリュー・アロケーションの設定日は2012年7月20日で設定基準価格は10,000円でスタート。

Aコースである為替ヘッジありの基準価格は12,796円、2019年の分配金は80円

Bコースである為替ヘッジなしの基準価格は19,123円、2019年の分配金は0円

2012年から始まってこの基準価格の伸び率は低いと思います。確かに損はしてないけど、そんなに得してない感じ。分配金が出てる年もあるみたいですが、無いに等しい成果です。

※2019年11月29日時点

気になる組入銘柄は?

ここで気になる組入銘柄をいくつか紹介したいと思います。(2019年11月29日時点)

WisdomTree Physical Gold ETC

組入比率は7.01%。イギリスの金を現物とする上場債券。

オラクル

組入比率は2.35%。アメリカの世界的なソフトウェア企業。

コムキャスト

組入比率は2.05%。アメリカのケーブルテレビ事業会社。

Xtrackers Physical Gold ETC

組入比率は1.95%。イギリスの金を現物とする上場債券。

エクソンモービル

組入比率は1.80%。世界最大級の石油・ガス会社。

【結論】オワコンの予感がする投資信託!

現在までの運用実績をみても、組入銘柄をみても、ぶっちゃけパッとしない内容です。組入銘柄なんて時代遅れ感がすごいです。確かに大手ではありますが、あえてそこいく?って感じがします。

個人的には現在のトレンドを把握できてない得も損もしないオワコン感が強いと思いました。

損はしませんから、ほんの少しずつ基準価格は上昇するんでしょうけど、それなら日経225連動ファンドとかの方が良いと思います。

ちなみに保有している方はこのままで良いと思います。

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券を選ぶ理由!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑