【IPO】コーユーレンティアの初値予想と評価は?

【IPO】コーユーレンティアの初値予想と評価は?

今回は東証JASDAQスタンダードに上場するコーユーレンティアの初値予想と評価を簡単に解説したいと思います。

【注目!】コーユーレンティアとは?

そもそもコーユーレンティアとはどんな会社なのでしょうか?自分もIPO案件で初めて聞いた会社になりますので、調べてみました。

オフィスやイベントに向けて家具や機材などをレンタル提供している会社みたいです。1970年10月に設立された老舗。最近ではBtoB向けのレンタルECサイト「カリルネ」のトライアル期間中など、現代に対応する試みを積極的に行っている様子。

気になる初値予想は?

事業内容に株価が急上昇する要因は感じられないものの、設立から50年の老舗という実績と、昨今拡がっているシェアやレンタルを事業内容としていることを考えると堅い株になると思う。そのため、、、

また目論見書には上場で得た資金を東京オリンピック・パラリンピックのレンタル資産調達資金に使用すると記載があり、東京オリンピック・パラリンピック時の需要が見込めるため、、、

初値予想は2,500円前後

ただ東京オリンピック・パラリンピック終了時の不透明感があるため、要注意!

コーユーレンティアの評価は?

なんといっても2020年の東京オリンピック・パラリンピック時における需要拡大の期待が大きいと思います。そのため、募集価格より初値が上回りそう。ただ同時期にジモティーのIPOがあるため、値上がり率はそこまで高くないと予想します。

コーユーレンティアの募集内容は?

  • 市場:東証JASDAQスタンダード
  • 会社名:コーユーレンティア株式会社
  • 銘柄コード:7081
  • 募集・売出株式数:募集800,000株、売出200,000株、オーバーアロットメントにより売出(上限)150,000株
  • 募集・売出価格:未定(2020年1月29日決定予定)
  • 抽選参加期間:2020年1月22日~2020年1月28日
  • 購入申込期間:2020年1月30日~2020年2月3日
  • 上場日・売買開始日:2020年2月7日

【結論】募集価格より少しは上がりそう?

年明け初!ということで買いの需要が多いIPOだが、同時期にジモティーのIPOがあり、しかも評価や人気が高い。そのため、ジモティーに買いが流れるのは必至だと思います。

しかし、東京オリンピック・パラリンピック時の需要拡大の期待もあるため、初値価格は募集価格を少し上回りそうなくらい。

申し込んでおいて損はないIPOだと思います。

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券を選ぶ理由!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑