【投資信託】イノベーティブ・フューチャーの内容と実績は?

【投資信託】イノベーティブ・フューチャーの内容と実績は?

今回は日興アセットマネジメントが提供しているグローバル・プロスペクティブ・ファンド(愛称:イノベーティブ・フューチャー)(以下:イノベーティブ・フューチャー)の内容と実績を簡単に解説したいと思います。

【概要】イノベーティブ・フューチャーの内容とは?

イノベーティブ・フューチャーのテーマとして「イノベーション」すなわち変革をもたらすであろう技術分野で活躍している企業に投資をするというもの。

イノベーティブ・フューチャーが考えているイノベーションは以下。

  • 決済革命:キャッシュレス化など
  • ゲノム革命:ゲノム解析による医療分野や食糧分野への貢献など
  • 移動物流革命:自動運転技術など
  • 製造革命:3Dプリンターなど

現実的かつ未来的で男性が好きそうなテーマですね!

気になる組入銘柄は?

先程、説明した4つの革命を元にどんな企業の銘柄が組入れられているのか気になりますね!いくつか紹介したいと思います。(2019年11月時点)

テスラ

組入比率は9.1%。アメリカの電気自動車で有名な企業。電気自動車の普及や、自動運転技術の進展に期待。

スクエア

組入比率は7.2%。アメリカの情報技術企業。スマートフォンやタブレット端末を活用した、初期投資の少ないカードリーダーを提供。キャッシュレス化の更なる推進に貢献。

イルミナ

組入比率は6.8%。ゲノム解析に使用するDNA解析装置などのシステム機器の開発・製造・販売を行っているアメリカ企業。ゲノム革新に貢献の予感。

CRISPRセラピューティクス

組入比率は6.2%。スイスのバイオテクノロジー企業。遺伝子ベースの医薬品などの研究開発・製造を行っている。こちらもゲノム革新に期待。

インビテ

組入比率は5.7%。アメリカの遺伝子情報企業。遺伝子診断、遺伝子疾患の着床前診断などの遺伝子情報の提供に特化している。こちらもゲノム革新に期待されている企業。

その他

トゥーユーの組入比率が4.1%。ストラタシスの組入比率が4.0%。エディタス・メディシンの組入比率が4.0%。インテリア・セラビューティクスの組入比率が3.4%。ナノステリング・テクノロジーズの組入比率が3.2%。これらはすべてアメリカの企業。

【注目!】イノベーティブ・フューチャーの運用実績は?

設定日である2019年6月28日の10,000円から始まった基準価格は一時期8,500円台まで下がるも、現在は10,500円台と10,000円を上回る運用実績!

年1回決算(毎年5月20日)なので、分配金はまだありません。来年出るかもわかりませんが、、。

【結論】個人的にはイケてる投資信託!

組入銘柄はバイオやゲノムに偏りつつありますが、半年で基準価格は約500円アップ。このまま順当にいけば、来年の決算月には11,000円台に到達しそうな予感。

各銘柄を個別で運用しにくそうな銘柄が組入れられているので、バイオやゲノムといった、イノベーティブ・フューチャーが考える革新に興味や期待を感じている方は、今のうちに買っておいた方が良いと個人的には思います。

テーマとしては、今後必ずといっていいほど技術進歩する分野なので、有望な投資信託だと感じました。

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑