【今年も流行の兆し】インフルエンザに影響される銘柄の株価は?

【今年も流行の兆し】インフルエンザに影響される銘柄の株価は?

今年もインフルエンザが流行する季節がやってきました。インフルエンザが流行しない年に今後はなっていってほしいものです。

そんなインフルエンザに影響される銘柄と株価を簡単に説明したいと思います。

インフルエンザの流行で影響を受けるのはどんな会社?

インフルエンザが流行することによって影響を受ける企業はどのような企業なのでしょうか?

まずは予防の観点から。インフルエンザの予防と言えば、ますは手洗いうがいでしょうが、次に考えるのがインフルエンザの予防ワクチン接種。学校や会社でも義務付けられていますね。

①インフルエンザワクチンを製造・販売している会社

あわせて健康食品の摂取によってインフルエンザの予防をされている方も多いのではないでしょうか?そうなると、、、

②インフルエンザの予防に効果があるとされる健康食品を製造・販売している会社

最悪、インフルエンザに感染してしまった場合は病院に行くことになりますので、、、

③インフルエンザの感染を防ぐ設備を製造・販売している会社

当然、インフルエンザには投薬治療が必須になってきますので、、、

④インフルエンザの治療薬を製造・販売している会社

この4つのシーンごとに銘柄と株価を解説していこうと思います。

①インフルエンザワクチンを製造・販売している会社(銘柄)は?

第一三共株式会社(4568)

医療関係者向けの薬品から一般消費者向けの薬品まで幅広く扱っている。医薬品の研究開発から製造・販売まで行っている日本の大手企業。抗インフルエンザウイルス薬「イナビル」を販売しているのも第一三共。

武田薬品工業株式会社(4502)

設立から230年を超える日本の大手企業。こちらも医薬品の研究開発から製造・販売まで行っている。

②予防効果があるとされる健康食品を製造・販売している会社(銘柄)は?

明治ホールディングス株式会社(2269)

食品、薬品等の製造、販売等を行う子会社等を取りまとめている日本の大手企業。ヨーグルトや栄養食品の他にインフルエンザワクチンを製造しているKMバイオロジクスを傘下に持っている。

森永乳業株式会社(2264)

牛乳や乳製品などで有名な日本の大手企業。こちらも予防に効果があるとされているヨーグルトや健康商品を取り扱っている。

③インフルエンザの感染を防ぐ設備を製造・販売している会社(銘柄)は?

高砂熱学工業株式会社(1969)

新型インフルエンザなどから、医療関係者や患者さんが飛沫を介して感染するリスクを低減するためのブースなどの設備関連を取り扱っている会社。

ユニ・チャーム株式会社(8113)

超快適マスクで有名なユニ・チャーム。生理用品やヘルスケア用品などを取り扱っている日本の大手企業。

④インフルエンザの治療薬を製造・販売している会社(銘柄)は?

塩野義製薬株式会社(4507)

2018年度で一番売れた抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」を取り扱う日本の大手企業。一般消費者向けの医薬品も取り扱っている。また、インフルエンザワクチンを研究開発しているUMNファーマを買収。

中外製薬株式会社(4519)

抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」を製造・販売している日本の大手企業。医療用医薬品に特化している企業でもある。

インフルエンザに影響される銘柄の株価は?

  • 第一三共(7508):3月から上昇を続けている好調銘柄。
  • 武田薬品(4502):10月から上昇したものの、現在はボックス状態。
  • 明治ホールディングス(2269):11月から下降し、現在はボックス状態。
  • 森永乳業(2264):11月初旬に急上昇したものの、現在は下降気味。
  • 高砂熱学(1969):8月から上下はしつつも絶賛上昇中!ここ1年では高い水準。
  • ユニ・チャーム(8113):8月から上下はしつつも、上昇中。ここ1年では高めの水準。
  • シオノギ(4507):9月から上昇トレンド。12月のUMNファーマ買収で今後どう動くか期待。
  • 中外製薬(4519):4月から上昇率を上げて、現在も上昇中している好調銘柄。

【結論】全体的に高水準の株価を推移している!

一概には言えませんが、株価は全体的に上昇している模様。なんせインフルエンザに関する製品をだけを取り扱っているわけではないので、、。

個人的には、インフルエンザワクチンと抗インフルエンザ薬の両方をもつ第一三共と去年の抗インフルエンザ薬売上トップの「ゾフルーザ」を扱い、12月にUMNファーマを買収したシオノギに注目しています。

第一三共はぐんぐん伸びているので、反発リスクはありつつも順張りが良さそうな感じがする。シオノギも「ゾフルーザ」と買収の要因でさらに上昇するポテンシャルはあると思います。

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑