【2020年はスポーツの年】スポーツに影響される銘柄と株価は?

【2020年はスポーツの年】スポーツに影響される銘柄と株価は?

2020年の日本は東京五輪に加え、2021年開催のワールドマスターズゲームズと世界的なスポーツイベントが続くので、今回はスポーツに影響される銘柄と株価を解説したいと思います。

【注目!】スポーツ用品の市場は拡大中!

2019年はラグビーワールドカップがあり、2020年は東京オリンピック、2021年はワールドマスターズゲームズと日本は世界的なスポーツイベントが続いています。

あわせて健康志向の方の増加「アスレジャー」ファッションの流行などもあり、スポーツ用品の市場は前年比の3.2%増加すると予測されています。

また、市場規模は2014年から続伸中であり、「スポーツ」というのはアツいテーマだと思います。

アスレジャーファッションとは?

アスレジャーとは、アスレチック(athletic)とレジャー(leisure)を組み合わせた造語。

簡単に説明するとスポーツウェアを普段着に取り入れたスタイルで、スポーツブランドの本格的なウェアやシューズをコーディネートに組み込むのが特徴。

スポーツに影響される銘柄は?

ここで気になるのが、スポーツに関連した銘柄だと思います。いくつかピックアップして紹介したいと思います。

株式会社アルペン(3028)

スポーツ用品店で有名なスポーツデポやゴルフ5を運営しているアルペン。専門用品に加え、普段のファッションにも取り入れられるアパレル商品が豊富。

ゼビオホールディングス株式会社(8281)

スーパースポーツゼビオやヴィクトリアゴルフといったスポーツ用品店で有名なゼビオ。こちらもアパレル商品が豊富で、アルペンの競合企業の一つ。

株式会社エービーシー・マート(2670)

シューズショップのABCマートで有名な企業。スポーツ向け商品の売上構成比はなんと58%。

株式会社ゴールドウィン(8111)

THE NORTH FACE で有名なスポーツアパレルメーカー。他にも水着で話題になったspeedoもゴールドウィンなんです。

株式会社アシックス(7936)

誰もが知っているであろう日本のスポーツブランド「アシックス」。プロ選手が使用しているだけでなく、一般消費者にも人気が高いブランド。

【気になる!】スポーツに関連する株価は?

現在上昇トレンドに乗っているのはゴールドウィンとABCマートの2社。この2社は2020年に向けて引き続き上昇していくと予想。

現在下降トレンドなのがアルペン、ゼビオ、アシックスの3社。ただ3社とも下降トレンドが終わろうとしているところで、個人的には年内に底打ちするのではないかと予測。

他にも注目銘柄はたくさんあるので、いろいろ比較してみてください。

【結論】2020年に向けて上昇の期待大!

先程も記載した通り、紹介した5社は2020年に向けて株価の上昇の期待はとても大きいと感じている。

世界的スポーツイベントの開催、人の健康志向化、2017年からのアスレジャーの流行、この要素が続く限りスポーツに影響される企業は多く、株価上昇の期待は膨らむスポーツ用品市場が年々拡大しているのも大きなポイント!

ただ好影響を受ける企業もあれば、この波に乗れない企業も出てくるという事実は忘れないように!

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑