【ESG投資が拡大!】ESG投資とは?関連する銘柄は?

【ESG投資が拡大!】ESG投資とは?関連する銘柄は?

今回は昨今の注目テーマとなっている「ESG投資」に関する内容を簡単に解説していきたいと思います。

ESG投資とは?

まずESGとは、Environment:環境Social:社会Governance:ガバナンス、の頭文字を合わせたものです。

  • Environment:環境⇒地球温暖化、水資源、生物多様など
  • Social:社会⇒労働基準、男女平等、労働者の健康、人権など
  • Governance:ガバナンス⇒透明感のある情報開示、リスクマネジメント、公正な競争など

非財務状況であるESGへの取り組み状況を考慮して投資を行うこと。

日本のESG投資比率は低水準!

日本のESG投資比率2016年の3.4%から2018年の18.3%まで上昇したものの世界と比べると低水準です。

2018年のESG投資残高を地域別で比較すると、ヨーロッパとアメリカで80%以上を占め、日本は10%にも達していません。

逆を言えばこれからの伸びしろがある!ということでもあります。

ESG投資に関連する銘柄は?

気になるESG投資に関連した銘柄をいくつか紹介したいと思います。

株式会社大林組(1802)

言わずと知れた日本の総合建設大手企業。関西地盤で土木に強みあり。北米とアジアでも展開。

株式会社ニチレイ(2871)

冷蔵倉庫トップ企業。冷凍食品で有名なニチレイ。不動産事業も展開している模様。

株式会社リクルートホールディングス(6098)

人材・情報サービスの大手企業。海外展開を加速させ、M&Aに積極的。

ソニー株式会社(6758)

世界的な電機メーカー。ネット連携を促進しているかつ、映画やゲームも強み。

花王株式会社(4452)

家庭用品の大手企業。化粧品や化学品に家庭消耗品に展開。

ダイキン工業株式会社(6367)

エアコンで有名なあのダイキン。業務用、家庭用エアコンがともに強み。化学事業も展開。

【結論】大手企業であり、持続成長の期待大!

個人でチョイスした銘柄ラインナップですが、大手企業ばかり!なおかつESG投資においては、伸びる期待がとても大きいと思います。他にも有名な企業がESG投資をどんどん拡大させています。

日本株より外国株の方が伸びている近年の経済状況ですが、日本株のポテンシャルが見えた今回の記事でした。

長期保有を目的として、今回紹介したいくつかの銘柄に注目しておいて損はないと思います!

現役証券マンが証券口座を作るならSBI証券!

  • 証券口座を選ぶにあたって一番重要な手数料が業界最安値水準!
  • 株式・債券・投資信託の取扱銘柄数が豊富!
  • NISA(非課税口座)口座対応!
  • 使い道が豊富なTポイントが貯まる!

手数料が安く、万能な証券会社だと思います。しかもTポイントが付く!なので、証券マンを辞めたらまずSBI証券口座を開設しようかと思っております笑